水道費、光熱費を節約することで、長期的なコスト削減が見込めます。

電気代の節約

 

電気代節約のために部屋の照明を落とす

 

電気代の節約は幅広い業種で実践することができます。
昨今は電力の自由化節電ツールの普及によって、節約術の幅が広がりました。
電気代を見直す主な方法をご覧ください。

 

LED照明の導入

定番の節約術です。低電力のLED照明にすることで電気代の節約と電球交換コストを削減することができます。
LEDを専門に扱う商社が多く、リースにして導入費用を月々に削減される電気代と相殺することも可能です。
昔ながらの白熱球を使っている場合は、LED照明への切り替えを検討してみてください。

電力会社を見直し

電力の自由化によって、新しい電力会社が次々と勃興しています。
都市電力からその他の電力サービスへ変更して電気代が安くなる主な要因は、料金プランを変更したことです。
通常使用料の安い電力会社は、都市電力が行っている夜間割引をなくすことで日中の電力単価を下げています。
夜間に電気を使わないオフィスで導入するメリットが大きいですよ!

電子ブレーカーの変更

一昔前にテレアポ・訪問販売で流行したサービスが、節電効果のある電子ブレーカーへの変更です。
月々に使用する電力消費量に最適化した小型ブレーカーに変更することで、電気代を安くする仕組みです。

 

上手に活用すれば実務への影響なしで大幅に電気代を節約できるケースもありますが、新しいブレーカーを高額な料金でリースする悪質業者が多いです。
電子ブレーカーの変更を行う際は、使っている都市電気へ相談するなどして慎重に検討してください。
また、過剰なブレーカー容量の縮小で、ブレーカーが落ちるトラブルや電気使用量の制限で業務効率が悪化することがあるので注意しましょう。

 

ガス代の節約

 

業種によって異なりますが、事業者の光熱費ではガス代を節約できる方法が限られています
飲食店や宿泊施設・入浴施設でなければガス代は大きな負担にならないので、無理に見直さなくてもOKです。

 

主な活用法はプロパンガスを使っている場合にガス会社を見直す方法と、給湯室などで使うガスを解約してIHコンロなどの電気を使う設備で対処することです。
ガス使用料が少ない中で基本料金を払い続けている場合は、ガス契約をする必要性を見直してみてください。

 

水道代の節約

 

節水は効果的なコストカットになる

 

水道代は地域の水道局から契約するしか方法がないため、水道使用量を減らすしか節約法がありません。
水道使用量が多い場合は、節水ツールを活用しましょう。

宿泊施設や入浴施設の場合は、節水型シャワーヘッドへの導入がおすすめです。
安い節水型シャワーヘッドは利用者の満足度が悪化するので、設備代はかかりますがマイクロバブルの高級シャワーヘッドに変えるとよいでしょう。
有名メーカーのシャワーヘッドに変えれば、施設のアピールポイントになりますよ!

その他の業種で水道使用量が多い場合は、地下水の利用や高圧洗浄機の導入を検討するとよいでしょう。

ページの先頭へ戻る