コストカットで出来たお金は、業務効率を改善させるために使いましょう。

事業が好転するコストカットとは

 

コストカットで事業を好転させる

 

コストカットで事業を好転させるには、業務効率を高める取り組みを行うことと、コストカットで浮いた費用を有効活用することが大切です。
昨今はPC関連の便利なツールが増えているので、新しい取り組みを積極的に検討してみてください。
コストカットで効果が出た場合は、浮いたお金をどうやって使うか正しく試算して決めましょう。

 

業務効率アップと両立できる

 

業務改革をすれば、コストカットと業務効率のアップを両立することが可能です。
代表的な事例はペーパーレス化による電子管理で、印刷代の削減と電子管理による業務効率のアップを両立できます。

また、資料作成においてOCRソフトを活用して事務員の文字入力する負担を減らせば、他の業務で生産性がアップすることもあります。
インターネットやパソコンソフトを活用したツールは年々進化しているので、新しいサービスを積極的に活用していきましょう。
仮にコストカットへ繋がらなくても、従業員の負担軽減に繋がることであれば導入する価値があります。

逆に目先の利益が高まることでも、現場で働くスタッフの負担増やモチベーション低下に繋がることは慎重に検討してください。
コストカットへの取り組みで事業が衰退する事例もあるので注意しましょう。

 

 

浮いたお金の活用法

 

業務効率を高める便利なツールが増えたことで、コストカットを実践することは比較的簡単です。
LED照明の導入や、卸業者・消耗品の購入先を安い所は見直す方法であれば、大きなリスクなくコストカットができます。
重要なのはコストカットで浮いたお金をどうやって使うかです。
事業が好転するための主な活用法をご覧ください。

 

  • 従業員の待遇アップ
  • 値引きをして価格競争で有利に立つ
  • 広告活動の強化
  • 消耗品を高級品へ変更(サービス品質の向上)
  • 採用活動の強化
  • 設備投資
  • 事業拡大

 

いずれの活用法も将来的な事業の成長へ繋がるメリットがあります。
従業員の待遇がアップすれば、モチベーションアップ・離職率の低下・優秀な人材の応募が増える効果を得られます。
給料の増額だけではなく、福利厚生を充実させる取り組みをしてもよいでしょう。

 

やってはいけないのが経営者の懐に全額入れてしまうことです。

コストカットで直近の利益が増えても、得するのが経営者や一部の役員のみの会社はいずれ衰退します。
不測の事態が起こってもいいように会社の現金を蓄えることも悪くないですが、この場合は従業員へしっかり説明しましょう。

 

会社が利益を増やすことで不満を抱く従業員が出ることを理解し、何かしらの形で還元するようにしましょう。
事業拡大をすれば、従業員の直近の待遇が変わらなくても新しい管理職のポストができるなど間接的な還元へ繋がります。

 

なるべく、従業員が恩恵を感じられることか、更なる売上アップへ繋げられることへ使うことをおすすめします。

ページの先頭へ戻る