コスト削減に活用できるサービスとして、OCRソフトなどがあります。

コスト削減のためのサービスや社内でできるコストカット術

 

無駄なコストを削減することは常に考えなければいけない大切なことですが、長年続いている事業はマンネリ化によって大きな見直しをしていない事例や、最新ツールに消極的なケースが多く見られます。
昨今はIT技術の進化によってコスト削減に繋がる様々なツールやサービスが普及しているので、昔ながらの業務スタイルの会社は抜本的なコスト削減を検討してみるとよいでしょう。

 

適切なコスト削減を行う

 

コスト削減への取り組みは、品質低下・従業員の負担増に繋がる副作用を懸念する意見も多く見られます。
実際にリスクの高いコストカット法も多数存在しますが、昨今はスキャンした画像やスマホでの写真撮影だけで、自動的に文章を読み取りするOCRソフトやクラウド会計ソフトが普及しています。
ほかにも出張費用を削減できるweb会議など、低リスクで導入できるコストカット法もあるので確認してみてくださいね。

 

当サイトでは最新のコスト削減・業務効率化ツールをはじめ、コスト削減をする際に必要な心構えペーパーレス化ができない企業が行う消耗品の節約テクニックなどを幅広く紹介しています。
参考にして頂ければ、きっと社内でコストカットするためのヒントを得られますよ!

 

コストカット法の種類

 

会社のコストを削減する方法は、大きく分けて次の5種類に分類されます。

 

①業務効率のアップに繋がる
ペーパーレスによる電子管理など

 

②現在の業務に影響なくコストだけ下げる
安い卸業者へ切り替えるなど

 

③多少の品質低下リスクを背負う
自社より低コストの会社に外注する、車を保有からカーシェアにする、消耗品・使用する材料の質を下げるなど

 

④従業員が身を削る
人員削減して同じ業務を少ない人数で回す、移動の高速道路利用禁止など

 

⑤一時的な出費をして月々の出費を抑える
LED照明への切り替え、インフラ整備、家賃が安い場所への移転など

 

理想は①②の低リスクで大きなメリットを期待できるコストカット法ですが、特定のカテゴリーに縛られず、幅広い選択肢の中から検討することが大切です。
コストカットは1つの方法で大きな削減を目指すのではなく、必要に応じて幅広い方法を実践するとよいでしょう。

 

ツール・環境の進化

 

昨今注目を高めているコストカット法がIT技術を活用したツールの導入です。
最新のITツールは精度・機能性・価格など幅広い面で進化を遂げています。
一例を紹介すると、スキャンした文章を自動的にデータ化するOCRソフトは2010年以前に登場した歴史を持ちます。

初期の頃は精度が低くて確認作業や誤認識の修正を考慮すると、手作業での文字起こしと大きな違いがありませんでした。
しかし、最新のOCRソフトはAIの活用で精度が高まったほか、スマホのカメラで撮影するだけで文字が読み取れるなど利便性が向上しています。

参考サイト / OCRソフト比較

 

ほかにも、会計ソフトにおいては、従来のパッケージ版ソフトを毎年買い換えるより安いクラウド会計ソフトがシェアを拡大中です。
web会議は無料ツールのZoomを活用すればホワイトボードの情報も鮮明に伝えられるなど、幅広いツールの実用性が高まっています。

 

また、スマホやタブレットの性能が高まったほか、格安SIMの普及で通信費を抑えられるようになった影響も大きいです。
社員がスマホを業務に取り入れるコスト面の負担が下がったことで、IT技術を活用した業務領域の幅が広がりました。
ツール・環境が数年前に比べて飛躍的な進化を遂げているので、過去に新しいことへ挑戦して上手くいかなかった経験がある事業者も、再度最新ツールの導入を検討してみてください

 

社内でコストカットできる部分

 

社内でコストカットできる事例をまとめました。
コスト削減と言っても何から取り組んでいいか分からない方は、ここで紹介する事例の中から出来ることがないか探してみてください。

 

社内でできるコストカット

 

印刷コスト

ペーパーレス化してデータを電子化するコストカットの手法の需要が高まっています。
インクや用紙の費用を削減できるほか、付箋やクリアファイルなどの関連用品の削減が期待できるかもしれません。
ペーパーレス化を徹底することで複合機のリースを返却するなど、幅広い相乗効果を得られます。

残業代の削減

クラウド会計ソフトの活用で従来は残業して作業していた帳簿入力および経費の申請作業を自動化すれば、従業員の残業代節約でコスト削減できます。
サービス残業をさせている会社は、働き方改革の影響で残業代未払いを巡る従業員とのトラブル事例が増えています。
短期的なコストカットに繋がらなくても、離職率低下の防止や未払い残業代の請求リスクを回避することで、長期的なコスト削減に繋げられます!

人員削減

人員削減と聞くと業績が悪い会社が行う事業縮小するため…といったネガティブなイメージを持つ方が多いですが、昨今は上手に業務を外注して人員の削減へ繋げる事例が増えています。
クラウドソーシング外注先のマッチングサービスを活用すれば、人員とコストを削減しても提供するサービスの品質を高めることが可能です。
このほか、小売店では大手スーパーで見かけることが増えたセルフレジの導入でパートスタッフを減らすなど、IT化によって人件費を削減する成功事例が報告されていますよ。

水道光熱費

初歩的なことですが、毎月発生する固定費を安く抑えることはとても大切です。
LED照明を導入するなど初期費用が発生することでも、長期的なコスト削減効果を期待できるなら積極的に検討してください。
このほか、使っていないものは電源を切るエアコンの温度を上げるなど無駄な光熱費をかからない取り組みを行いましょう。
従業員に対して、会社のものはコストを気にせずに使っていいと思わせないよう指導をすることで、他の消耗品節約にも繋がります。

設備費用

コストが高くても、OA機器をリースにすることで、故障時に機会損失の発生するリスクを軽減できます。
このほか、車をリースやカーシェアに切り替えることでコスト削減する企業が増えています。
保有以外のサービスを含めて、設備費用を削減できる余地がないか考えてみてください。

通信費

従業員へ支給する携帯電話・スマホの格安SIMへ変更すれば、手軽に通信費を抑えられます。

仕入れ・購入費用の削減

仕入れや備品を購入するルートを変えることで、同じ商品を安く購入できるケースがあります。
卸業者の見直しや、ちょっとした備品は100円均一ショップで店舗購入するなど、商品別に安い購入ルートを模索しましょう。

割引・優待の利用

ガソリン代はガソリンスタンドの法人向けカードの利用。
新幹線代はチケットショップで回数券の単品購入する、などが挙げられます。

 

まずは調査・検討をしよう

 

徹底的にコストの無駄を見直す

 

コストを削減する方法はここで紹介している以外にも幅広い手段があります。
少しでもコストカットに繋がることがあれば、まずは調査・検討することから始めましょう。

 

コストカットの手段によっては、逆に業務効率が下がる場合や一時的な費用負担の増加従業員のモチベーション低下などのリスクが発生します。
闇雲に実践・導入すればいいものではないですが、アナログ方式の方が慣れている」、「簡略化することで不正が起こる」、「今のコストに不満がないなど偏見の目で選択肢から消してはいけません。

 

特にOCRソフトやクラウドサービスなどは、ここ数年で実用性が大幅に高まる進化を遂げました
現場で働くスタッフからの要望を聞くなどして、最新のツールやサービスの導入を検討してみてください。

 

当サイトではコスト削減に取り組む失敗事例や、人気ツールの効果的な活用法を幅広く紹介しています。
気になる関連ページをご確認の上、費用対効果や仕事内容を変えることで生じるリスクを検証してみてください。

ページの先頭へ戻る