ご担当者の方へ | 飲食店メニューデザイン研究所!お店の売上に貢献する本物のメニューを作成します。

飲食店メニューデザイン研究所!
お店の売上に貢献する本物のメニューを作成します。

メニューデザイン研究所

新しい視点でお店の課題を解決します。
ウィングッド求人サイト
MEDIY
資料ダウンロード
MDLメルマガバックナンバー
その他飲食店の販促のことなら
翻訳サービス
海外出店サポート
打ち合わせ可能エリア
【大阪本社】
・大阪市内 都島区 福島区 此花区 西区
港区 大正区 天王寺区 浪速区 西淀川区
東淀川区 東成区 生野区 旭区 城東区
阿倍野区 住吉区 東住吉区 西成区 淀川区
鶴見区 住之江区 平野区 北区
中央区
・神戸市内  ・京都市内

【東京支社】
東京23区内
  千代田区 中央区 港区
新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区
品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区
中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区
練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区
※上記エリア外はご相談ください。

ご担当者様へ

その悩みメニューデザイン研究所が解決します。

常にトレンドを捉えたデザインでお応えします。

飲食店メニューデザイン研究所では、常日頃から話題になっている飲食店への取材や
外食産業におけるトレンドに目を向けています。
業態が持つイメージに今のトレンドをしっかり組み込みつつも、
そのお店のオリジナリティを最も魅力的に伝わるように心がけています。

私たちはメニューづくりのパートナーです。

私たちはメニューを制作するにおいては、クライアントから伺ったニーズから、
まずはデザインのプランを立ててまいります。
その際、プロのデザイナーからの目線での違った見せ方や企画をクライアントに提案致します。
こうして、クライアントと飲食店メニューデザイン研究所が一緒になってゴールを目指す事で、
最高のメニューブックをつくりあげる事ができているのだと私たちは実感しております。

約10,000店舗のお店をサポートしてきた実績があります。
外国料理の業態のお客様には外国人デザイナーによる日本人には
出せないデザインも可能です。
ご興味のある方は是非一度弊社にご相談ください。

私達の使命は、ターゲットの心を掴む事です。

こうした考えの基にデザインを創り上げる際、忘れてはいけない重要な事がターゲットへの意識だと考えます。
メニューブックはグラフィックデザインの中でも特殊なものであり、
優れたビジュアルだけでは50点までしか評価できないものだと捉えています。
残りの50点を獲得するには、「売上アップ」「利益率改善」「オペレーション負荷の軽減」といった
『使う』事での機能的な要素がクリアできて、はじめて100点のメニューに近づく事ができます。

ターゲットが魅力を感じなければ失敗なのです。

その為、実際ターゲット層にあったデザインを行うには、細かなディティールまでにこだわった
グラフィックを徹底しつつ、店舗の照明などの環境適応を頭に入れてデザインします。
そうした細部までへの意識が、ターゲットの購買意欲の向上に繋がると私たちは考えます。

ターゲット層に合ったデザイン、文字、あしらい、メニューブックの大きさ等
弊社はターゲットとお客様の店舗環境に応じたメニューをご提案します。
ご興味のある方は是非一度弊社にご相談ください。

メニューブックはスタッフの一員。だからこそ色々な力を持っています。

先述の通り、メニューがセールスプロモーションツールのひとつですが、
メニューブックにしかできない特別な機能があります。
それが、「売上アップ」「利益率改善」「オペレーション負荷の軽減」の3ポイントです。
お店のおすすめメニューを魅力的に伝える事はメニュー機能の基本ですが、
それが狙い通りに行くことで客単価を想定しているラインに持っていく事ができる他、
お料理の魅力をしっかりと伝える事で、ホールスタッフのオペレーションを軽減する事もできます。
私たちが「メニューブックはスタッフの一員」と訴える所は、
こうした事を大切に考えているからなのです。

メニューブックにしかできない特別な機能。
「売上アップ」「利益率改善」「オペレーション負荷の軽減」
を最大限に引き出します。
ご興味のある方は是非一度弊社にご相談ください。

常にトレンドを抑えたメニューで競合店に差をつける。

飲食店メニューデザイン研究所では、常日頃から話題になっている飲食店への取材や外食産業におけるトレンドに目を向けています。
業態が持つイメージに今のトレンドをしっかり組み込みつつも、そのお店のオリジナリティを最も魅力的に伝わるように心がけています。

一般的なメニューブックの改変期は春と秋です。
競合店は常に新しいメニューで最新の情報に切り替えてきます。
メニューブックをそのままにしておくと、お客様の飽和を招き、競合店に差を付けられる事にもなりかねません。

季節メニューの大切さ。

そうした飽和を防ぐひとつに、季節メニューなどのイベント導入があります。
低コストでの導入できるという魅力に加え、メニュー全体に刺激をあたえる存在として
店内販促で活用する事ができます。

メニューはいつ頃改訂しましたか?日本の飲食店は72万店。
競争に勝つ為にお客様にあきられない努力が大切です。
ご興味のある方は是非一度弊社にご相談ください。

料理の魅力を伝える。写真が持つ力の大切さ。

メニューブック制作をはじめ様々な販促や、WEB 媒体への掲載等あらゆるシーンで使用する事になるお料理の写真をプロのカメラマンが現地へ伺い撮影致します。
お料理の内容や素材が伝わる事を大切にし、シズル感のある単品のイメージ写真から、宴会等のコース写真まで撮影しております。

写真はメニューの中でも一番大切です。
お客様は視覚で判断し、シズル感あふれる料理写真を見て注文します。
ご興味のある方は是非一度弊社にご相談ください。

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはこちら